So-net無料ブログ作成
検索選択
JRF-M010HSV道 ブログトップ
前の5件 | -

HSV生産完了のお知らせ [JRF-M010HSV道]

う~ん、、作れば作るほど、、赤字・・・

「困ったちゃん」のHSV生産を行いました!!ほとんど今週寝とらん(笑

P1010802.JPG 

今回はまともなのが10台でました!

P1010803.JPG

予約分もありますが、、明日NUに持っていきますので、

欲しい人はジムヤンに言ってください!!!

1個4000円です、、、本当は4500円欲しいけど、、特別価格ってことで!!

 

オートスケールも相談に乗ります!!多分プラス4000円はいただくことになると思いますがww

 

欲しい人はコメントかこちらまで↓!

return_of_jimuyan@yahoo.co.jp 

 

 

塗装例はこちらっす↓!!

P1010615.JPG 

 

 

※注意点

こちらはレジンモデルとなりますため「上級者向けキット」となります、

また走行での破損も京商製のものと比べ物にならないほど弱いということをご理解ください~~

 

あ~~お腹すいた~~~~


nice!(0)  コメント(2) 

HSV再生産情報 [JRF-M010HSV道]

お疲れ様です!ジムヤンです!

3月22日に誕生したJRFの主力ボディ、JRF-m010HSVですが

当日は4機しか生産できず、、欲しい方々にご迷惑をかけてしまっていました。

 

本日から再生産いたします(生産予定数:7機)

P1010065.JPG 

 

 

 

 

NUシリーズ戦に何機か持っていきます!!

 

しかし、、眠いですね~~(笑


nice!(0)  コメント(0) 

ミニッツ用自作レジンボディJRF-m010HSV製作例Part④レイブリック [JRF-M010HSV道]

試作デカールでの製作ですので、、ボディカラーと合わない部分もありますが、

現在2号車に向けて改良推進中です。。

つっこみどころ満載なマシンですが、、見てくださいね!

P1010615.JPG

う~ん、、メッキが大変でした!!!でもモービルのステッカーの色が全然違う(汗

P1010619.JPG

P1010629.JPG

サイドビューってなかなかうまく撮れないものですね、、

P1010639.JPG

ライトつけるとこんな感じ!!どうです?雰囲気来てません??

P1010628.JPG

 

NSXと比べると

P1010646.JPG 

 

これはオートスケールってことで(笑

P1010648.JPG

P1010650.JPG

 

こんな感じっす!!みんなもチャレンジしてみてね!!


nice!(0)  コメント(2) 

ミニッツ用自作レジンボディJRF-m010HSV製作例Part③ [JRF-M010HSV道]

お疲れ様です!ジムヤンです!

今夜、ついにHSVの製作説明も最終回を迎えます!

 

ちなみに

パート①はこちら↓

 http://jimuyan.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28-1 

パート②はこちら↓

 http://jimuyan.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28-2

 

この前のパート②では、塗装面の下地作業を行いましたね!

 

今回は、その続きからいきますよ~~~

 

といいましても、塗装は各自好きにやってください!!!

※ちなみにウレタンクリアーを吹く前にディフューザーを接着してくださいね!!

 

 

 

①用意するもの

P1010601.JPG

1、 セメダインクリアー(2液混合タイプ)

2、つまようじ(セメダインを混ぜ、接着部に塗ります)

3、いらない紙(セメダインを混ぜる台にします)

4、ゼリー状接着剤

5、接着剤硬化促進剤

6、はさみ(クリアパーツを切ります)

7、マスキングテープ

8、ポリカ用スプレーブラックまたはスモーク

 

②クリアパーツの準備

まずクリアパーツを準備しましょう!

クリアパーツは全部で5点入っています!

1、フロントライトカバーL

2、フロントライトカバーR

3、リアライトカバーL

4、リアライトカバーR

5、ウインドウ

 

このクリアパーツはバキューム成形品ですので各部の寸法がかなりあいまいです!

ですので、接着にはコツを必要としています。それは下の方で書きますので、

「形が違う!」とか「あわない」とあせらず、まず準備しましょう~~

 

ウインドウの準備

P1010062.JPG

まず表の面にマスキングをして、裏からポリカ用スプレーで(ブラックかスモーク)

ジムヤンはブラックを断然お勧めします!

 

ここからが重要なのですが

乾いたらこのようにカットしてください

P1010580.JPG

P1010580 - コピー.JPG

赤い部分は結構ギリギリで切って、青い部分は余裕を持って切ってください。

「余裕ってどのくらいの?」と思うかもしれませんが、それはボディを合わせつつやってください。

ジムヤンも何度も何度も合わせながらカットしています。

 

リアウインドウ編

P1010581.JPG

リアウインドウは車両後方部分を途中からカットします

P1010581 - コピー.JPG

黄緑の部分が3ミリほど余裕をもってカットです!

やはりこちらも実車に合わせて作っていただくと良いです。

 

 

各ライトカバー編

P1010577.JPG 

ライトカバーは付属の状態ですと大き目にカットした状態になっています。

P1010577 - コピー.JPG

ですのでこちらも実車に合わせながら大きさを決めてください。

何回も合わせてはカット、合わせてはカットですよ~~

少しづつ切れば失敗しません!

 

ということで準備完了!では接着といきましょう~~

 

③クリアパーツの接着

 まず、ボディの塗装は完成していますか?それが出来てからの接着作業です!

P1010582.JPG

ジムヤンはここまでできましたよ~(ウレタンクリアも終了済みです)

 

リアウインドウ編

P1010583.JPG

P1010583 - コピー.JPG

赤い部分をまず接着しましょう~~接着剤をつけたら、表の面にいかないくらいの勢いで硬化促進剤を使いましょう!作業効率が大幅にあがりますよ!

P1010586.JPG

P1010586 - コピー.JPG

次はサイド部分です、ここは形状が全然違うので、PETの柔らかさを活かして

思いっきり爪で圧しつけつつ接着しちゃいます!

P1010587.JPG

P1010587 - コピー.JPG

同じ要領で反対側も無理やり接着します、残りは最後方部分ですが、こちらも

浮いてる場合があるので抑えながら接着してください。

 

これでリアウインドウは完成だ!

P1010588.JPG

 

 

 

フロント&サイドウインドウ編

これが一番の問題児!!かなり形が違います、

P1010589.JPG

でもリアウインドウでつちかった技を同じく使って接着します。

P1010591.JPG

まずはフロントウインドウの天井部分の接着をします

P1010591 - コピー.JPG

次はサイド

 P1010594.JPG

P1010594 - コピー.JPG

 赤の部分だけ接着してください。

他の部分が浮いちゃいますが、気にしない!どうせあとで無理やりくっつけるんですから~

反対側になってしまいますが、、このような順番で接着します↓

P1010595.JPG

P1010595 - コピー (2).JPG

 

そして最後に

P1010596.JPG

最フロント側を軽く接着します(この部分に関しては浮いてても、ボディとウインドうが自然に当たってる部分以外接着しないでください)

さぁ、これでウインドウの接着完了です!

P1010597.JPG

 

次はライトユニット搭載ですが、搭載方法は各ライトユニットにしたがって、搭載してくださいね!

ジムヤンはもちろん~~ 

P1010599.JPG 

P1010600.JPG

搭載しましたよ!!

 

では各ライトカバーの接着といきますか~

各ライトカバーの接着

P1010602.JPG 

まず、切りとったリアライトカバーに色を塗りましょう~

 

では、接着ですが、まずセメダインを少量混ぜます(1ライトカバー、1回と思って少しづつやりましょう)

P1010603.JPG

混ぜたら、つまようじで

P1010606.JPG

写真の部分から塗っていきます

P1010609.JPG

P1010609 - コピー.JPG

①の部分は最初から塗っておいて、その上にカバーを乗せます。

そして②の部分は①が乾いてからすきまに入れるようにつまようじで入れます。

P1010608.JPG

こんな感じです!

 

リアも同じ要領で行います

P1010607.JPG

 

やりました!これでクリアパーツの接着は完了!

セメダインは固まるまで時間がかかるので1時間くらい休憩しましょう~~

 

④リアウイングユニットの接着

 リアウイングユニットは、脱落防止のためきつめに接着します!

P1010610.JPG

P1010610 - コピー.JPG

こんな感じで広範囲に接着剤をつめ、硬化促進剤で一気に硬化させます!

 

 

と、いうことで完成です!!

P1010611.JPG 

完成写真集はこちらをどうぞ!↓

 

http://jimuyan.blog.so-net.ne.jp/2010-04-03-2

 

 

また、質問事項や「ここを特に教えてほしい」などありましたらご連絡ください!

よろしくお願いします!


nice!(0)  コメント(2) 

ミニッツ用自作レジンボディJRF-m010HSV製作例Part② [JRF-M010HSV道]

はい!!みなさまこんばんわ!!

 

今夜もいきますよ!!HSV製作説明第二段!!

 

さて、この前は離形剤落としでボディをすっきりさせ、ドリルでライトの穴をあけたところまでいきましたよね!!

第一弾はこちらをどうぞ!

http://jimuyan.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28-1 

 

 

今日はその続きからスタートです!

①用意するもの

P1010486.JPG 

1、接着剤サラサラタイプ

2、接着剤ゼリー

3、接着剤効果促進剤

4、適当な割り箸

5、プラバン(必要な方のみ)

P1010572.JPG

6、ポリパテ

7、ポリパテ硬化剤

8、ヤスリ

9、カッター

10、ホワイトサーフェイサー(ホワイト以外もで可)

11、写真にはないですが筆(ホワイトサーフェイサーを塗るのに使用)

12、写真にはないですがラッカー溶剤(筆の洗浄)

13、写真にはないですがレジン用サーフェイサー

14、写真にはないですが溝掘り

 

今回はボディの各種接着からサーフェイス・仕上げまでの下地処理をやります!

 

②各種部品の接着

 

フロントボディマウント

前回紹介しました通り、付属のボディマウントはレジン製ですのでちょっと走行用としては

衝撃に弱いです、よってプラバンで同じものを製作します

P1010489.JPG 

両面テープでパーツを貼り付け、その周りをカッターで切ります。

P1010491.JPG 

そしてゼリー状の接着剤で強力にくっつけます!

 

 

 

サイドボディマウント

P1010488.JPG

前回位置を大体きめたところにいきなりですが思い切ってゼリー状接着剤を盛ります

(これは衝突時にボディマウントが外れずらくするためです)

そしてここにマウントを接着!!サイドマウントの位置は何度かシャシーに乗せて角度を調整しながらやってください。

P1010494.JPG

製作するボディ色とミラーが同色ならこの時点で接着しちゃいます!!

(今回はレイブリックカラーなので接着しちゃいます~)

 

リアウイングの仮組

P1010492.JPG

気泡があろうがなかろうが、とにかく先にリアウイングとウイングステーを接着します!

 

③サーフェイスと下地処理

上記項目で接着した部品を含む各部品

1、ボディ&ミラー

2、ウイング&ウイングステー

3、ワイパー

4、ディフューザー

この4つをレジンサーフェイサーで吹きます!

すると

P1010568.JPG

ほらほら、気泡が良く分かりますよね!!

P1010569.JPG

ディフューザーも

P1010570.JPG

ボディも

P1010571.JPG

ウイングなんてこんなありさま(汗

 

ポリパテを盛ります!

P1010573.JPG

P1010574.JPG

P1010575.JPG

 

細かいところは筆塗りタイプのサーフェイサーで対応します

P1010576.JPG

 

おおよそ1時間くらいで乾きはじめるので、ポリパテは柔らかいうちにカッターで

サクサク形を整えちゃいます!

細かい作業はヤスリで表面をならします!

 

大体できたらサーフェイサーをもう一回吹いて確認します。

 

うまくいったら下地処理完了!!

カラーリングに入ります!

 

その模様はまた次回!!では!みなさんも楽しいボディ製作ライフを~~ 

 

次回:クリアパーツの塗装と接着、ボディ塗装編をお送りいたします! 


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - JRF-M010HSV道 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。